FC2ブログ
ポリオワクチン
- 2011/05/31(Tue) -
ポリオは小児麻痺ともいわれ、日本では2000年に根絶宣言が出された感染症です。
なのに今でも、毎年のように発症例があります。これらはすべて生ワクチンからの感染です。

日本でのポリオ予防は、すべての乳幼児に対して2回づつ、経口ポリオ生ワクチンを飲ませることによって行われています。
そしてその生ワクチンによって、100万人に1人程度の確率で、ポリオを発症して麻痺が起きてしまうことがわかっています。
アメリカは1997年に、感染の危険のない不活化ワクチンに切り替えました。
いま、不活化ワクチンが世界の常識です。なのに、日本はいまだに生ワクチン。

市民運動などを最近マスコミが取り上げることも増え、ようやくお役所が動きました。
厚労省は先週、来年度からの不活化ポリオワクチン導入を決めました。
「もっと早く導入できなかったのか」と、今日も細川厚労相が自嘲気味に語っていましたが、それほどに、日本のワクチン行政は動きが鈍いのです。

日本でのポリオワクチン接種は昭和34年に始まりました。
最初に使用されたのは、実は不活化ワクチンで、しかも任意の有料接種でした。
ところがその翌年、私が生まれた昭和35年ですが、ポリオの大流行が起きたそうです。患者数は全国で5600人以上。当然ワクチンは不足しました。

そこで国は、市民運動に押される形ではありましたが、生ワクチンの超法規的緊急輸入に踏み切り、治験も行わず、全国の乳幼児全員に無料で、短期間のうちに一斉接種を行い、患者発生数を激減させたのでした。
日本が成し遂げたその「快挙」は、その後、世界の感染症対策のお手本とされたそうです。
残念ながら、日本のワクチン行政はその後だんだんと鈍化し、後のワクチン後進国を築いていくことになります。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<高2全員へのMRワクチン接種へ向けて | メイン | メルトダウンと水位計>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |