FC2ブログ
ペットロス
- 2014/02/27(Thu) -
3日連続で、アンナの話題を書きます。「ペットロス症候群」かもしれません。

ラブラドールの場合、人間に換算した年齢 = 18 + 4.5 x ( 犬の年齢 - 1 )  と計算することがあります。
15歳で亡くなったアンナは、人間でいうと81歳。まさに天寿をまっとうしたわけです。

最近は、近所の小学生にも吠えず、いつも穏やかで、のんびりとした余生を送っていました。
昼寝して、庭をうろついて、腰をおろし、遠くを眺め、また昼寝して、という日々でした。
しかし、人間の4.5倍のスピードで齢を重ねていたので、晩年の衰えは、目に見えて急速でした。

人間の場合、現時点で私よりもご高齢の方は、もともと私より年上であり、年齢差はずっと変わりません。
一方で犬は、はじめは子犬でも、いつしか飼い主の年齢を追い越し、先に高齢化してしまいます。
飼い主よりも犬の方が先に寿命を迎えるであろうことは、つねに覚悟しておかなければなりません。

しかし、肉体年齢は高齢になっても、飼い主の気持ちの中では、いつまでも子犬のように可愛い存在です。
天寿をまっとうしたのに先立たれたような喪失感を感じるのは、そのためなのでしょう。

思い出してやることが供養になると、アンナの話ばかり書いてますが、明日は、別の話題で書くつもりです。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<特定接種の登録 | メイン | 写真の整理>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |