FC2ブログ
STAP細胞疑惑
- 2014/03/11(Tue) -
つい1カ月前に、あれだけ大騒ぎしたSTAP細胞が、別の意味で大変なことになってきました。

報道された内容しか知ることのできない私には、STAP細胞の真贋を論じることはできません。
疑惑の中心人物、小保方晴子さんとの面識もないので、その人物像についても、何もコメントできません。

ただ、別の論文と同じ写真を使っていたという「ミス」は、申し開きの出来ない「大失態」でしょう。
さらに、別の研究者の論文の文章を「パクった(剽窃)」部分や、作為的な改変も見つかっています。

このような箇所がいくつも出てくると、もはやミスや不注意とは言い切れず、問題はとても深刻です。
どうして、論文投稿前に、共著者が徹底的にチェックしなかった(できなかった)のでしょうかね。

いずれにしても、あの画期的な論文の信頼性は大きく失墜してしまったわけです。

メディアというものは、いちど持ち上げた人物を疑い始めると、手のひらを返したように批判的になります。
科学的検証を推し進めるよりも先に、どうかすると人物・人格攻撃に転じたりします。

渦中の人、小保方さんは、メディアに登場しないので少し心配ですが、再現実験に取り組んでいるそうです。
論文撤回を提案した若山照彦教授も「STAP細胞を再現できる完璧な論文を作成したい」と言っています。
2人とも、STAP細胞そのものは疑ってはいないようです。ならばぜひ、雪辱を果たしてほしいものです。

関連記事
この記事のURL | 科学 | CM(0) | ▲ top
<<CarPlay | メイン | ゴーストライター>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |