FC2ブログ
インフル治療薬
- 2014/03/21(Fri) -
お子さんにタミフルを処方すると、その副作用としての「異常行動」を心配される方は、まだ多いです。
もうインフルエンザはだいぶ下火ですが、今日は治療薬について、おさらいしてみます。

(1)イナビル(吸入薬)
1度の吸入で済むので便利です。ただし喘息発作が出ている人では使いません。
成人では私の第一選択薬です。子どもでも、上手に吸入できそうなら(おおむね6歳以上)処方します。

(2)タミフル(内服薬)
1日2回、5日間内服するのが面倒ですが、吸入ができない5歳以下ではほぼ唯一の薬です。
いまだに10〜19歳への投与が、原則禁止されています。ひところ「異常行動」が問題となったからです。

(3)ラピアクタ(点滴薬)
胃腸症状や消耗が強く、点滴が必要な場合に、補液薬とともに点滴する場合があります。
点滴なので即効性がありますが、私の印象では、この薬単独では、あと一歩な感じです。

(4)リレンザ(吸入薬)
イナビル登場前までは、よく使っていましたが、1日2回、5日間、というのがネック。吸入法も面倒です。

(5)麻黄湯(内服薬)
インフルエンザの疑いがあるけど確定していない人などに、よく使う漢方薬です。
空腹時に、熱湯に溶かして飲むのが効果的です。この用法は「湯」の文字が付いた漢方薬の、共通事項です。

タミフルに限らず、リレンザでもイナビルでも、その使用後の異常行動が報告されています。
詳細な調査では、それらの薬を使わなくても、インフルエンザで異常行動が起きることが、わかっています。
私の経験でも、インフルエンザ発症直後に、薬を使う前から幻覚が見えたお子さんが、何人もいました。

つまり幻覚や異常行動は、インフルエンザの症状のひとつであって、薬の副作用ではないのです。
もちろん、副作用ではない、ということを科学的に証明することは、とても難しいことです。
結局、かつていちばん使われたタミフルが、その濡れ衣を着せられ、いまだに着せられっぱなしなのです。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<サイトの安全性 | メイン | 予防接種と増税>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |