FC2ブログ
サイトの安全性
- 2014/03/22(Sat) -
ネット通販のサイトなどでは、ログインIDとパスワードの入力が要求されますが、本人確認はその程度。
それと比べると、さすがに銀行のセキュリティーは別格です。
インターネットバンキングでは、パスワードや確認番号等の入力を、何度も要求されます。かなり煩雑です。
入力を間違えると、当然エラーが出ますが、この瞬間に銀行では、ハッキングを疑い始めているでしょう。

2度連続でパスワード入力を間違えると、えらいことになりそうで、再入力するときは緊張します。

正しく入力したはずなのに、エラーメッセージが出て、何度もやり直しを要求される場合があるそうです。
この場合、コンピューターウイルスによって不正サイトに誘導されていることに、気づく必要があります。

たとえ正しいサイトであっても、それが不正に改ざんされている可能性もあるので、油断できません。
大手企業のホームページが改ざんされ、閲覧するだけでウイルスに感染するような事件も、頻発しています。

昨年は、トヨタ自動車や日本赤十字社などの有力サイトの事例が、問題になりました。

他人事ではありません。私が運営しているサイトは大丈夫なのでしょうか。
当院のホームページを閲覧したりブログを読んだ方が、ウイルスに感染するなんてことはないのでしょうか。
医療機関がウイルスをばら撒いていたのでは、シャレにもなりません。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<大阪市長選挙 | メイン | インフル治療薬>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |