FC2ブログ
新旧OS
- 2014/04/13(Sun) -
「Windows XP」のサポート終了については、周知不足だったと不満の声が上がっているそうです。

情報として告知されてはいても、その重大性が伝わっていなかったと、そういうことなのでしょうか。
もっと、ユーザーに危機感をあおる必要があったのでしょうか。

しかし私に言わせれば、2世代も3世代も前のOSを使うこと自体が、論外です。
新しいOSには、単に機能の刷新だけでなく、セキュリティー上の進化も含まれるからです。

とか言いながら実は私も、使用している全部のMacが、最新のOSというわけではありません。
最新のOS X Mavericks(10.9)を導入しているのは3台のみ。残りの5台はMountain Lion(10.8)です。
これには電子カルテとの兼ね合いがあるので、仕方ないのです。

この旧OSの5台では、OSのアップデートを勧めるアラートが、うるさいぐらいにたびたび出てきます。
Appleは、MacのOSを最新のものに変えさせたいのです。そのためにMavericksは無料になりました。
またMacユーザーの側にも、最新OSを追い求める傾向があります。

ある調査によると、現在のWindowsのシェアの内訳は、7>XP>8>Vistaの順で、7が圧倒的だそうです。
一方でMacの場合、最新のMavericksが最大シェアです。

最新OS率が高いことは、Macにセキュリティー上のアドバンテージをもたらすことにもなります。
ユーザーの絶対数が少ないことが、Macの小回りの良さを生んでいるとも言えるでしょう(負け惜しみ)。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<電磁気力とリニア | メイン | ブロッコリーの効果>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |