FC2ブログ
パイロット不足
- 2014/05/11(Sun) -
ピーチ・アビエーションの大量欠航で明るみに出てきた、パイロット不足問題。
日経記事によると、ANAは今春から、パイロットの飛行時間を月55時間から60時間に増やしたとのこと。
パイロットが足りなければ、一人一人をもっと働かせようと、そういう発想です。

こういった話を聞くと、いつもパイロットと医者(とくに外科医)を比較してしまいます。
どちらも、人の命を直接あずかる仕事であり、その専門性には似た側面があるからです。

しかし、そのパイロットの飛行時間が、月に55時間とか60時間というレベルだとは、まったく驚きました。
なぜなら外科医の手術時間は、月に100時間から多いときは150時間以上なんてのも当たり前だからです。

医師がパイロットと違うのは、自分の体力の続く限り、求められた診療を行うことができるということです。
しかしそのような過酷な条件で長時間労働しているのに、その結果責任だけを責め立てられてしまいます。

不足しているのは医師の総数ではなく、外科や救急や小児科や産婦人科など、忙しい診療科の勤務医です。
ドラマでは華やかに描かれるこれらの勤務医が、現実ではどれだけヘトヘトになって働いていることか。

アホらしいので、外科医はもう月に60時間しか手術しませんよ、なんてことになったらどうしますか。
パイロットの疲弊に理解があるのなら、勤務医の問題も、メディアはもっと真面目にとりあげるべきです。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<ガラ軽 | メイン | メールの自動転送>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |