FC2ブログ
楽曲の配信停止
- 2014/05/27(Tue) -
「罪を憎んで人を憎まず」という言葉があります。さらに言うなら「仮に人を憎んでも作品を憎まず」です。
「CHAGE and ASKA」の昔のヒット曲を、現在の罪によって販売停止とするのは、どうなんでしょう。

ASKAが覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されると、ASKAが関わっている楽曲の販売が止められました。
CD販売会社は出荷を停止し、CDショップは回収(または完売)、一部の配信会社は配信を停止しました。

私はこの報道を聞いて、すぐに「iTunes」を見たところ、まだ配信を行っていました。
万一に備えて、とりあえず「SAY YES」をダウンロード購入。それが正解でした。
その直後に、ASKAの曲の配信が、ついにiTunesでも止められてしまいました。

配信停止までの2,3日の駆け込み需要によって、iTunesのJ-POP部門で「SAY YES」は1位だったそうです。
その中にはもちろん、私の購入分も含まれています。
こういうことになるなら、アルバムごと購入しておけばよかった。

ちなみに「先輩」ミュージシャン槇原敬之の場合、逮捕の約1年後には音楽活動を再開しています。
その3年後には「世界に一つだけの花」が大ヒット。きちんと罪を償えばこうなれる、という見本です。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<救急車有料化 | メイン | 混合診療の禁止>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |