FC2ブログ
予想と診断と占い
- 2014/06/08(Sun) -
「梅雨入りは早く、梅雨明けは遅くなる」
このような予想を、先月ごろ聞いたような気がします。エルニーニョ現象のためです。

いま東日本では大雨のようですが、少なくとも熊本では、梅雨入りしてからはあまり雨が降ってません。
梅雨入り宣言は早かったとしても、実質的に梅雨っぽくないのです。予想は当たったのか外れたのか。

予想なんてのは、好意的に評価すれば「当たった」と、懐疑的に解釈すれば「外れた」と感じるものです。

先日ある患者さんが、こう尋ねました。
患「お医者さんは、自分の体のことは何でもわかるんでしょう?」
私「いえいえ、自分のことは意外とわからないものなんですよ」
患「なるほど、占いみたいなもんですね」

私は「医者の不養生」の意味で答えたのですが、医学的診断を占いと同等に見られてしまいました。
まあしかし、自分で言うのもアレですが、医者の判断がいつも正しいとは限りません。
他の病院の先生や、患者さんに教えられることも多いです、いまだに。

先日見たNHKの「総合診療医ドクターG」でも、途中で私が予想した診断はハズレでした。悔しいですが。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<お好み焼き | メイン | X線住民検診>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |