FC2ブログ
インフル流行かなり早い
- 2019/11/15(Fri) -
インフルエンザが、全国的な流行期に入ったようです。過去20年では2番目に早いペースとか。
その1番早かったのは、2009年の「新型インフルエンザ(AH1pdm09型:H1型)」大流行のときです。

現在流行中のインフルエンザのウイルス型は、ほとんどがA型。しかも「H1型」のようです。

近年のA型インフルは、「AH3型(H3型:A香港型)」と「H1型」が交代で流行するパターンでした。
4年前は、1月から「H1型」の流行が始まり、その後B型は出ましたが「H3型」は出ませんでした。
3年前は、11月から3月頃まで、ほぼ「H3型」一色でした。

ところが2年前からは、両方の型のA型インフルエンザが、1カ月程度の時間差で流行するようになりました。
2年前も昨年も、12月から「H1型」が流行し始め、1月以降は徐々に「H3型」に変わるパターン。
シーズン途中で両方の型の流行が混在し、全体としての流行のピークは1〜2月にひとつでした。

さて、今シーズンも「H1型」から流行が始まっていますが、過去数年と比べて1カ月以上早いですね。
もしも「H3型」の流行が例年通り1月以降に始まるとすれば、A型流行のピークが2つになるかもしれません。

2つのA型インフルエンザが間隔を空けて流行すると、全体としてかなり長期間の流行になるかもしれません。
1シーズンに2回罹患してしまう人が増えたり、学級閉鎖の日数が増えたりする可能性も出てきます。

残念ながら、一方のA型に罹っても、もう一方のA型インフルエンザの免疫は獲得できません。
両方の免疫を同時に獲得できるのはワクチン接種だけです。ワクチンだと、B型の免疫も付くのでオトクです。

この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ