FC2ブログ
個人情報漏洩携帯端末
- 2018/08/19(Sun) -
「GAFAと呼ばないで」
少し前に目にした日経の見出しですが、これ絶対、昔のドラマ『パパと呼ばないで』に引っかけてますよね。
そのドラマに子役で出ていた杉田かおるは当時7歳ですか。あの頃は可愛かった(今は見る影もありません)。

それはともかく、「GAFA」というのは、Google/Apple/Facebook/Amazonという、ITの巨人の頭文字。
良くも悪くも、世界の人々の生活を一変させ、経済活動をも牛耳ろうとしている企業です。
さらに、検索歴や、購買歴や、SNSなどから、あらゆる個人情報を収集しまくっているともいわれます。

ただし、私がApple信者だから言うわけじゃありませんが、Appleだけは個人情報では商売しない企業のはず。
前述した「GAFAと呼ばないで」の記事も、Appleを他の企業と一緒くたにするな、という趣旨でした。

AppleのクックCEOはかなり堅物なので、彼の目の黒いうちは個人情報に関する方針転換はないでしょう。
その頑固な理念が原因で経営が傾いたら、彼もかつてのジョブズのようにAppleを追い出されるのでしょうか。

Appleの対極にあるのがFacebook。もともと個人情報を扱うのが目的の企業ですが、近年やり過ぎ気味です。
ユーザーは20億人を擁し、投稿などの内容だけでなく、スマホやパソコン内の情報も取得しているとか。
アドレス帳やメールの履歴からアドレスを探り、世界中の人々の「人間関係」を分析しているともいわれます。

さらに、最近読んだIT記事では、Facebookが最近、次のような不気味な特許を取得・出願したとありました。
・2つのスマホが同時に同じ場所に存在していることで「知り合いかも」の候補を見つける
・2つのスマホの加速度計とジャイロスコープで、2人が向かい合ってるか一緒に歩いているを判断する
・カメラに付着したホコリを基に、異なる端末から画像をアップロードしても、同じカメラで撮影したと判断

われわれは常に、自分の位置・向き・加速度・音声の情報を、無意識に、どこかに送り続けているわけです。
個人情報の漏洩を防ぐためには、スマホの利用を制限するしかないですが、現代人にそれができるかどうか。

この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ